相互理解と連携

2019.04.02

サポートハウスみさとヴィラは

平成27年4月1日オープンして、5年目に突入しております。

神経難病の方が多く入居されている施設で多くの専門職が関わっております。専門職にはそれぞれの役割があり、さまざまな角度から入居者様と関わります。

「もう一つの家」と感じていただけれるように

「もっと」「向き合って」サービスを提供していきたいと考えております。

自らの部門の業務内容を整理したり、スローガンを再確認したり、部門内で共有したり、それを他者に伝えることでより質の高いサービスを提供できるのではないかと思っております。