誤嚥防止術後の保湿管理について

2015.04.08

ALS(筋萎縮性側索硬化症)やSCD(脊髄小脳変性症)などの疾患では、多くの場合嚥下障害が起こってきます。誤嚥に伴う肺炎の防止、安全な経口摂取を継続するために誤嚥防止術を選択する場合があります。

IMG_0542

気管と食道が分離されることでの利点がある一方で、空気が直接流入することで「粘膜などが乾燥する」弊害があります。

サポートハウスみさとヴィラでは、アトスメディカル名優社製のプロボックス(Provox)システムを採用しています。気管内の痰の粘調度緩和だけでなく入浴時の安全・快適性にも貢献しています。

1451553_1388184184762524_87989715_n

誤嚥防止術にも様々な術式(喉頭全摘出術・亜摘出術・気管食道分離術・声門閉鎖術など)があるため身体状況・ご本人理解などを考慮した選択が必要となります。