ご入居条件

入居時自立・要支援・要介護(介護認定を受けている方)となります。ALSや脊髄小脳変性症、パーキンソン病、多系統萎縮症などの神経難病疾患の方や、人工呼吸器を使用している方の受け入れが可能です。入居されている方の多くは【厚生労働大臣が定める別表第7】に該当する方となっております。
まずは、メール・電話等でお気軽にご相談ください。

また、要介護4・5に該当し、胃ろうにて経管栄養を行っている方のご相談も承っております。

※なお、現状(令和5年8月1日時点)、末期の悪性腫瘍に該当される方のご相談対応は出来かねますのでご了承ください。

【厚生労働大臣が定める別表第7】について

  • 末期の悪性腫瘍
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • スモン
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • ハンチントン病
  • 進行性筋ジストロフィー症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 多系統萎縮症
  • プリオン病
  • 亜急性硬化性全脳炎
  • ライソゾーム病
  • 副腎白質ジストロフィー
  • 脊髄性筋萎縮症
  • 球脊髄性筋萎縮症
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 後天性免疫不全症候群
  • 頸髄損傷
  • 人工呼吸器を使用している状態(夜間無呼吸のマスク換気は除く)

ご利用料金

入居一時金 無し
敷金相当 195,000 円(家賃相当額×3か月)
家賃相当額 65,000円(各居室一律)
管理費 25,000円(水道光熱費含む)
共益費 13,000円(共用部維持管理費用等)
有償生活サービス費 26,000円(健康相談・協力医療機関への送迎・タオルシーツ代・リネンクリーニング代含む)
合計 129,000円(税込)
その他費用 食費(一日3食 約48,000 円【外部委託】)、おむつ代等生活実費、介護保険一部負担金

ご入居までの流れ

1見学希望日のご確認

見学希望の日時をお聞かせください。

TEL: 048-999-5858(平日 8:30〜17:30)
FAX: 048-999-5827(24時間)
メール: info@mc-misato.com(24時間)

問い合わせフォームはこちら

2施設内の見学・ご説明・ご相談

ご入所に関すること、ケアに関することなど何でもご相談ください。

3ご入居希望の受付

受付票記載の際に、簡単な身体状況・介護状態をお伺いします。

4ご自宅・療養先への訪問

入居後の生活に活かすため、お伺いし確認させていただきます。

5ご契約・ご入居日の調整

かかりつけ医の「診療情報提供書」「看護サマリー」などをご準備ください。

6ご自宅・療養先へお迎え

ストレッチャー積載可能な車両でお伺いします。

※全身状態により看護師が必要な際にはご相談ください。

7「サポートハウスみさとヴィラ」「サポートハウスみさとノイエ」ご入居・新生活スタート

よくあるご質問

住宅型有料老人ホームって、どのような形態なの?

住宅型有料施設は、アパートなどの賃貸契約のような形態のもと「生活サービス」を提供する方式です。通常の住宅型では、主に介護度の低い方を想定しているため、外部の介護/看護サービスを必要に応じての依頼が必要ですが「サポートハウスみさとヴィラ」 「サポートハウスみさとノイエ」では、重症度の高い方を想定しているため、訪問介護事業所・訪問看護ステーションをあらかじめ併設、幅広いケアや医療処置に対応しています。

今は介護/看護が全く必要ないのですが…。

「サポートハウスみさとヴィラ」「サポートハウスみさとノイエ」は、重症度の高い方を想定しております。ご入居のご相談には応じますが、活動性が高い状態であれば、他の施設をおすすめいたします。しかし、進行度が速い疾患や他施設での対応が困難な場合などは、お気軽にご相談ください。

短期間の入居は可能ですか?

1か月程度のご希望で、さらに空室がある場合に限りご相談に応じます。療養生活において、スタッフとのコミュニケーションが重要であると考えておりますので、一定期間以上のご入居をお願いしております。

重要事項説明書

運営規定

住宅型有料施設
サポートハウスみさとヴィラ

明るく開放的な共用スペースに、広々とした居室。ご自宅のようにリラックスした毎日を。

詳しく見る

住宅型有料施設
サポートハウスみさとノイエ

「あなたらしい、新しい生活」がコンセプト。利用者さまにとっての「みさとの家」を目指します。

詳しく見る

MCライブラリー

もっと見る

MOMO

わずかな腕の力でも、滑らかで安定した動作ができるように支持する上肢装具。テーブルや台に固定して、上から腕を乗せて使用します。食事や読書、字を書いたり絵を描いたり、PCやタブレット端末を使ったりなど、利用者さまが日常生活の中で一人で自由に取り組めることを増やせるようサポートします。

好きなものを食べられる、飲める(経口、胃ろう)

利用者さまの食べたいもの・飲みたいものをできるだけ実現させるため、さまざまな工夫を取り入れています。気管切開を行い人工呼吸器を使っている利用者さまでも、食事やスイーツなどを食べやすい形状にしてお口で味わうことや、胃ろうを通してアルコールを摂取することが可能です。「胃ろうからお酒?」と驚かれるかもしれませんが、MCではできる限り利用者さまのご希望に沿えるよう、体調と相談しながら柔軟な対応を行っています。

関連ページ

施設・入居について

お出かけ

動くことが困難な利用者さまにとって、外出は最高の気分転換。施設周辺でのお散歩はもちろん、近隣のコンビニやスーパーへのお買い物、車で少し遠出をして紅葉やお祭りを見に行ったりなど、さまざまな場所で楽しい時間を過ごしています。呼吸器などの医療機器をつけたままでも、スタッフが付き添い適切なケアを行うので、安心してお出かけいただけます。

関連ページ

施設・入居について
お知らせ

透明文字盤

アクリル板などの透明な板に「はい」「いいえ」や「50音」等が書かれており、介助者が文字盤を指さししたり、見つめている文字が利用者さまと介助者の瞳を結ぶ視線の中心に来るように文字盤を動かして使用します。目線が動かせる方なら外出先など場所を問わず手軽に使用できるため、欠かせない意思伝達アイテムです。

関連ページ

採用について

株式会社MCでは新卒採用、キャリア採用、アルバイト・パート採用を行っております。
募集職種など詳しくは採用サイトをご確認ください。

採用サイトを見る

外部サイト(エンゲージ)に移動します。

お問い合わせ窓口

採用について、施設への入居についてなど、株式会社MCへのお問い合わせは下記より承っております。

電話:048-999-5858

電話受付時間:9:00〜17:00(月曜日~金曜日)
FAX:048-999-5827