みさとノイエ

排唾管の工夫

排唾管の工夫

お口の中に唾液が溜まってしまうけれど、飲み込むことが出来ない利用者様。
その様な利用者様には排唾管を使っていただいています。

排唾管をモーターにつないで。

モーターとは、唾液持続吸引器(魚観賞用ポンプ改造の市販品)です。

 

一般的に売られている排唾管はこんな感じ

中にワイヤーが入っていて利用者様のお口に合うように曲げていきます。

車椅子に起きている時などは強めに曲げて、お口に引っかかるようにしたり。

先端をアップで見ると

先端はプラスチックで小さな穴が開いています。

 

前から見ると

ぐるっと1周穴が開いているのが分かります。
ここからお口に溜まった唾液を吸ってくれるのです。

ただ、この形と素材が合わない利用者様も・・・。
固すぎる、太くて違和感がある。
力が入ってしまい噛みしめてしまう利用者様はプラスチック部分を噛み砕いてしまうこともあります。

そこで、利用者様に合った排唾管を工夫しています。

 

舌の動きがあり、舌の上での安定感を希望された利用者様はこの形を気に入られています。

最初は購入をして頂いていましたが、お値段を聞くと1本1000円ほど!
管も細く、ワイヤーが入っているので詰まり易く交換の頻度も多く。

それなら作っちゃいましょう!」と職員皆で試行錯誤して。

ご本人の気に入っている太さのチューブに細かい穴をたくさん開けて。
先端から糸で留めながら、くるくる巻いていきます。
1000円あればたくさん作れますからね。

最初は職員が作っていましたが、奥様に作り方をお教えして、今はお嫁さんが作って下さっているようです。

もう一種類ご紹介

こちらはチューブの先を開いて折り返し、糸で留めたものです。
見えている方向には2つの穴。
裏は1つ穴になっていて、吸引力の調節が出来ています。

これは利用者様がご入居される前の、訪問看護師さんが工夫して作ってくれたものです。

”凄いですね。”

作り方を教えていただいたので、今も職員が作って使わせていただいています。
他の利用者様にもお試しをしていただいたところ気に入られて使用開始。


常にお口の中に入っている物なので、不快なくスッキリするものが一番ですね。

今後もいろいろな情報を集めながら工夫を続けていきます。

お口の動きが悪くなってきた時は、介護者が排唾管の位置を気にして動かしてさしあげるあげることが重要です。
排唾管を動かさないまま一カ所で使い続けてしまうと、吸引力でお口の中に潰瘍が出来てしまいます。
体位交換の度に唾液が溜まり易い位置や方向に排唾管を差し替えてさしあげる事をお勧めします。
また、排唾管がずれたりお口から外れてしまわない様に、クリップや洗濯バサミなどでお洋服などに止めてさしあげると安心です。

みさとノイエ

関連記事