重度障害者のための視線入力シンポジウムin出雲国

2017.11.05

神経難病の多くには、発話が難しくなる疾患が多くあります。進行してくるとコミュニケーションに特殊なスイッチが必要となります。この1つとして視線入力装置があります。

視線入力に特化したシンポジウムに参加してきました。

豪華な登壇者の方々のお話しは大変勉強になりました。基本的な導入方法や機器選定、未来の可能性など非常に多くのことを吸収することが出来ました。

通常のスイッチ操作が難しくなってしまった方々にも導入を検討していきます。