離床の勧め

2018.08.13

サポートハウスみさとヴィラには様々な職種のスタッフがおり、協働・連携してサービスを提供しております。また、サービス向上の為に勉強会を開催しておりますが、今回はリハビリテーション部門に依頼し「離床の勧め」について話をしていただきました。

入居者様の生活を支援する中で、ベッドから離れて生活をする時間を作るという事が重要なことは当然ですが、「離床することはなぜ必要なのか?」「起きない事で身体に与える影響は?」といった内容から、車椅子やクッションの選び方まで幅広く勉強することができました。

離床などを「医療依存度の高いから」という理由でお断りすのではなく、自己決定できるようサポートしていきたいです。