リハビリ

意思伝達装置「MCTOS(マクトス)」の紹介

マクトスは、音声や文字によるコミュニケーションが困難な方のための支援機器です。

コンパクトなサイズで、シンプルな機能となっており、その方に合わせた設定を行うことができます。

筋電、脳はなどの生体信号を検知し、設定した値(閾値)を超える信号を検知するとスイッチ操作やコールを鳴らすなどをすることができます。

検知した音を返事の合図のように使うこともできます。

マクトスの対象者

マクトスは主に、指やまぶたなどの筋肉が動かしづらい方や動かすことができない方。また、眼球運動が乏しい方が主に対象となります。

関節を動かすことができるかたは別の機器を使用することが多いです。

ただし、TLSと呼ばれる完全な閉じ込め状態になる前に体験や練習、導入することが推奨されています。

使用条件

以下の3点の条件を満たしている方が主に使用することができます。

・意識と意思がはっきりしている方

・聴力がある方

・不随意運動(自分の意思ではない動き)がない方や少ない方

マクトスの使い方

1.    センサー(電極)を貼る

残存機能をベースに、生体信号を最も効果的に感知する場所を見つけ、そこに電極を配置する。

2.    閾値を設定する

ノイズを拾わない閾値まで下げる。

体の不意な動きで生じるランダムな信号と合図の後の反応を確認し設定する。

 

介助者の感想

・圧電素子(ピエゾ)より感度がよく、設定と貼る位置がしっかり決まれば正確にスイッチとして活用できると思った

・3つの電極を貼ることになるので、不快感は否めない

・コールやyes/no合図だけではなく、意思伝達装着のスイッチとしても活用できる可能性を

 

マクトスを利用する上での注意点

不随意信号のチェック

人によって電極の最適な位置が異なるため、試行錯誤が必要です。表情筋の活動度によっては、筋電(EMG)の発生範囲が広がり、誤検出を避けるための正確な位置の探索が必要です。

意図しない時の反応が、不随意運動なのか、随意運動の信号なのかを確認し、それをどう扱うか考えることも大切です。

モチベーション向上

マクトスは非常に小さい信号を拾うため、利用者様も介助者も繊細な作業となります。そのため、動作音だけではわかりにくいので、介助者は反応を明確に伝え、利用者様を励ますことが大切です。

また、どのように進めていくかと練習の方法を伝え、理解を確認することで、利用者様が「安心感」と「納得」がして取り組む環境を作ることが大切です。

 

リハビリテーション課では、

by your side~望みの実現をお手伝いする~

利用者さんの想いを知る為にコミュニケーションを大切にして、

どんな関りができるのか検討し、

専門知識を活かしたサービス提供を行っていきます。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

関連記事