2023年1月14日

コミュニケーション支援機器や手段の選び方―フローチャート付きー

ALSなど神経疾患は病状の進行に伴い、時期に合わせた適切な支援が必要です。

病状が進行していくと、今できていることができなくなるため、今ある能力でできることを行う必要があります。

例えば、人工呼吸器を使用している場合、声を出すことができません。そうした場合は、意思伝達装置や文字盤などを使用し表出する必要があります。

そのため、病状の進行や身体的変化などに合わせた、適切な支援を行うように、当施設ではフローチャートを活用しています。

意思伝達装置の大切さ

ALS患者の船後靖彦参議院議員は、毎日新聞の取材にて、「一番大切なのはコミュニケーションの手段だと思います」と、話されるなど、神経難病の方にとってとても重要性の高いことの一つとしてあげられます。

フローチャートについて

今から伝える内容は、病状に合わせた、コミュニケーション手段や機器の選定が行えるよう、当施設で取り入れている、フローチャートについてお伝えします。

このフローチャートを知ることで、自分や家族、または知人の方に適切な手段を提供することの目安を知ることができます。

当施設での取り組み

当施設では、多くの神経難病の方にコミュニケーション支援を行っています。

また、コミュニケーションに関する学術発表を行うなど、支援を精力的に取り組んでいます。

その経験を活かし、持論を一言でいうと、「準備が大切」となります

どうして「準備が大切」なのかと申しますと、いきなり手段や機器を使いこなすことができないからです。

手段や機器を使うとしても、色々なものを試すことや、用意をすることにも時間を要します。

具体的な手段

例えば、手段として有名なものとしては、「透明文字盤」と呼ばれる、五十音順の文字盤を作成するにしても、ラミネートを用意したり、透明の下敷きに手書きをしたり、購入をしたりするにしても時間がかかります。

※以前当施設での勉強会の樣子です。もしよろしければみてみてください。

文字盤勉強会 https://mc-misato.com/archives/3418

また、機器として有名な、「伝の心」を導入する場合は、制度を使用しても、手元に機器が来るまで、一月以上かかります。

伝の心の紹介ブログについて

※もっと詳しくしりたいかたは、下のブログもみてみてください。

意思伝達装置「伝の心」 https://mc-misato.com/archives/5795

「伝の心」が支給されました! https://mc-misato.com/archives/2498

コミュニケーションツール(伝の心)の活用 https://mc-misato.com/archives/632

まとめ

つまり、「準備が大切」です。早めに機器や手段を検討し、準備に取り掛かることが大切となります。

ぜひ、フローチャートを活用して、適切なコミュニケーション支援をおこなっていただければと思います。

コミュニケーション手段は、神経疾患の方にとってとても大切なものとなります。

まずは、どのような手段や機器があるか調べてみてはいかがでしょうか?

もしよろしければ、当施設のブログでも紹介していますので、見ていただければと思います。

お宅訪問でコミュニケーション https://mc-misato.com/archives/1470

色々なコミュニケーション機器 https://mc-misato.com/archives/1082

コミュニケーション機器申請 https://mc-misato.com/archives/808

eeyesに詳しくなろう https://mc-misato.com/archives/7418

いそがばまわれ https://mc-misato.com/archives/6104

スイッチで世界が広がる https://mc-misato.com/archives/5957

CSTと挑戦~マクトス~ https://mc-misato.com/archives/3438

CSTの挑戦!! https://mc-misato.com/archives/3431

CSTの挑戦 https://mc-misato.com/archives/3426

「マイボイス」~その2~ https://mc-misato.com/archives/3081

意思伝達装置「話想」 https://mc-misato.com/archives/2012

ipadの導入事例:スイッチコントロール https://mc-misato.com/archives/1037

ipadのスイッチコントロール https://mc-misato.com/archives/907

関連タグの新着記事

みさとヴィラ

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年5月20日

人工呼吸器が必要なときとは?

  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護

意思伝達装置

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年1月25日

意思伝達装置「レッツチャット」

  • リハビリ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

コミュニケーション

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年1月25日

意思伝達装置「レッツチャット」

  • リハビリ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

MCライブラリー

もっと見る

お出かけ

動くことが困難な利用者さまにとって、外出は最高の気分転換。施設周辺でのお散歩はもちろん、近隣のコンビニやスーパーへのお買い物、車で少し遠出をして紅葉やお祭りを見に行ったりなど、さまざまな場所で楽しい時間を過ごしています。呼吸器などの医療機器をつけたままでも、スタッフが付き添い適切なケアを行うので、安心してお出かけいただけます。

関連ページ

施設・入居について
お知らせ

ピエゾニューマティック(PPSスイッチ)

筋肉の「ひずみ」や「ゆがみ」で作動するピエゾセンサーと、指先の僅かな動きで作動するエアバッグ(ニューマティック)センサーの2種類を選択できるスイッチ。いずれも感度調整が可能で、僅かな力でも操作できるため、幅広い方にご使用いただけます。MCでは更にチューブを利用したカムスイッチを作成し、接続して使用しています。

関連ページ

お部屋の装飾、レイアウト

MCでは、個室を利用者さまのご自宅のように、自由にレイアウトしていただいています。ベッド・洗面台・エアコン等は標準設置されていますが、家具、日用品、専用テレビ等を自由に持ち込むことが可能です。大きなテレビでドラマや映画を楽しんだり、ミシンで手芸をしたり、壁一面に思い出の写真を飾ったり…。一人ひとりの暮らし方を変えることなく、自由に日常を過ごしていただけます。

マクトス

音声や文字によるコミュニケーションが困難な方のための支援機器。筋電、眼電、脳波などの生体信号を検知し、設定した値(閾値)を超える信号を検知すると、スイッチ操作やコールが鳴るように設定できます。指の動きや視線の動き、瞬きなどが難しくなった方も、家族やスタッフとのコミュニケーションを取ることが可能です。

関連ページ

採用について

株式会社MCでは新卒採用、キャリア採用、アルバイト・パート採用を行っております。
募集職種など詳しくは採用サイトをご確認ください。

採用サイトを見る

外部サイト(エンゲージ)に移動します。

お問い合わせ窓口

採用について、施設への入居についてなど、株式会社MCへのお問い合わせは下記より承っております。

電話:048-999-5858

電話受付時間:9:00〜17:00(月曜日~金曜日)
FAX:048-999-5827