介護

いそがばまわれ

いそがばまわれ

サポートハウスみさとヴィラに併設されているMC訪問介護センターより投稿いたします。
私達MC訪問介護センターは、介護保険における「訪問介護サービス」、障害福祉サービスの介護給付における「重度訪問介護」「居宅介護」を提供しております。これに加えて、施設サービスというかたちで入居されている方に関わっております。もちろん、本人のニーズとケアマネジャーの作成するケアプランに沿ったケアを行っております。

みさとヴィラに入居されている方は神経難病の方や医療的ケアが必要な方が多く、施設の特性上、認知症の症状のある方はいらっしゃいません所属するスタッフの中には神経難病の方と接する事が初めてという方もいます。
それもそのはず、一般的に「老人ホーム」と言えば、認知症の症状のある高齢の女性をイメージすると思います。

しかし、みさとヴィラは違います。むしろ60代70代で男性が多いのです。

みさとヴィラで働く介護スタッフの役割と言えば、専ら身体介護を中心とした、入居されている方の生活を支える事になります。入居者にとって、介護スタッフは一番近い存在であるが故、やるせない想い、感情をぶつける場所になり、関係がうまくいかない事もあります。身体の位置やコミュニケーション方法等、個別性の最たるものがそこにはあるのです。しかしそれは「ずっと」ではありません。誠意をもって関わっていれば必ず互いに受け入れられるようになります。重要な事は、介護職の経験年数が重要ではなく、

「その人とどれだけの時間を関わったか!?」なのです。

みさとヴィラ歴3ケ月のAさん(介護職経験なし)と、みさとヴィラ歴1か月のBさん(介護職歴15年のベテラン)の場合、入居者にとっては3ヵ月過ごした期間の長い方が仕事の面で信頼できるという場合があるのです。触れて関わらないと信頼関係は築けないのかもしれません。当たり前ですがとても重要な事で忘れてはいけませんね。

・介護経験が十分で「次のステージ!!」と考えている方!お待ちしております。

・他業種で介護未経験の方!お待ちしております。

・医療的ケアの興味のある方!お待ちしております。

・じっくり入居者に関わるケアをしたい!と考えている方!お待ちしております。

・介護経験が浅く、少し不安な方!一緒に成長していきましょう。お待ちしております。

関連記事