2022年6月3日

カフアシストやMIC&LICの練習~リハビリ科内情報共有会(勉強会)~

カフアシストやLICの練習~リハビリ科内情報共有会(勉強会)~

神経筋疾患の呼吸療法を知る事で利用者さんにとってQOLが維持、向上するとされています。

その為、本日のリハビリ科内の情報共有会は最大強制吸気量(maximum insufflation capacity:MIC)を得るために、一方向弁を用いた最大強制吸気容量(lung insufflation capacity:LIC)やカフアシスト(mechanical insufflation exsufflation:MI-E)などの呼吸リハビリに関する知識や技術を向上する事を目的に行いました。

神経筋疾患の進行により肺活量が低下すると言われており、他動的に行う深呼吸により肺胸郭の可動性の維持が重要であると言われています。

神経筋疾患に対する呼吸理学療法の目的に気道浄化があります。

さらにその手技は、咳の強化 痰の移動 に分かれます。

今回の呼吸リハビリの目的としては

  1. 咳の強化として吸気補助となります。
  2. カフアシストに関してはさらに吸気と呼気補助となります。

神経筋疾患に対する呼吸リハビリは病院でも行っている所は稀であり、当施設でそういった呼吸リハビリに対する知識や技術を教わっていない、新入職員の能力の向上を図ることを目標に開催しました。

また、教える職員もアウトプットする事で知識の再確認する事ができました。

具体的にはMICやLICではバックバルブマスク(アンビューバック)とフィルター、フレックスチューブ、マスク、圧測定器、ハロースケールライトレスピロメーター、LICの場合はさらにリリーフ弁につけるチューブを用いて、3-4回加圧(圧40mmHg以内)、5秒間息ためし、排気します。

(深呼吸より沢山空気を吸い込む感じです)

(LICトレーナーやハロースケールレスピロメーターを持っている施設はなかなか珍しいと思います)

最初はなかなかアンビューバックによる陽圧に慣れる為少ない圧で少ない回数行います。

徐々に、圧と回数を増やしてMICに近づけるように行っていきます。

※自力での肺活量との差を1000ml以上に維持できることで予後が良好とも示されています。

MI-EはカフアシストE70、チューブ、マスクを用いて行いました。MIC、LICとの違いとしては、陽圧だけではなく陰圧もあるところです。

(空気を送り込まれた後、吸われる感じです)

新入職員が実際にアンビューバックを押すことに対してもあまりやったことが無く、難しく感じていたようです。また、マスクの当て方も、当てるのが弱いと漏れるし、強いと痛いしと苦戦していました。

しかし、最終的には成人男性の肺活量といわれる3000-4000mlまで行う事ができていました。

最大肺活量を経験しましたことで、実際はこんなに大変なのかと分かる事ができたようです。

カフアシストでは空気を吸われる感じで気道の分泌物の動きを感じたようです。

以下実際に体験した職員の意見となります。

介助者役

・サポートする難しさ

(空気が漏れないように押さえ、タイミングを見てアンビューを押す)

利用者様役

・慣れないと苦しい

・空気の入ってくるタイミングが分からない・・・

実際に体験をすることで、呼吸リハビリの知識だけでなく、利用者の立場も知る事ができました。

これからもどんどん成長し、スタッフも ”ここにきて良かった” と思えるようになっていければと思います。

 

【使用物品】

  • アンビューバック
  • チューブLICトレーナー(カーターテクノロジーズ株式会社)
  • フレックスチューブ
  • ソフトフェイスマスク
  • 圧測定器
  • ハロースケール
  • レスピロメーター(nSpire Health Ltd)
  • カフアシストE70(Philips)

 

参考文献

  • 中山優季 原田さをり:神経筋疾患の呼吸療法に関する近年の問題点.人工呼吸Jpn J Respir Care.2020;37:151-157
  • Bedard ME,Mckim DA:Daytime mouthpiece for continuous noninvasive ventilation in individuals with amyotrophic lateral sclerosis.Respir Care.2016;61:1341-8.
  • 秋田賢:ALS患者に対する蘇生バックを用いた呼吸理学療法,第52回日本理学療法学術大会(千葉)
  • 齋藤弘:ALS患者に対するMICトレーニングがPCFに及ぼす影響,第50回日本理学療法学術大会(東京)

 

 

※感染予防対策を徹底したうえで行っております。

 

関連タグの新着記事

リハビリ

もっと見る

2024年5月16日

2023年9月のノイエ  その2

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 働き方
  • 神経難病
  • ALS
  • 介護

2024年5月14日

2023年9月のノイエ  その1

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 看護
  • 介護
  • 事務局

働き方

もっと見る

2024年5月16日

2023年9月のノイエ  その2

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 働き方
  • 神経難病
  • ALS
  • 介護

2024年5月5日

株式会社MC 新入職員紹介!リハビリテーション課に仲間が増えました!

  • 採用情報
  • リハビリ
  • みさとヴィラ
  • みさとノイエ
  • 働き方

神経難病

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年5月20日

人工呼吸器が必要なときとは?

  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護

MCライブラリー

もっと見る

スマイルスプーン

口を閉じることに障害があり、食べ物を口の中に入れることが困難な方をサポートするスプーン。スライドして適量を押し出し、飲み込みやすい下の上の位置に食べ物を運ぶことが可能です。食べる側も介助する側もストレスなく、楽しい食事の時間を過ごせます。

プラスチックケーススイッチ

押した時がスイッチオン・離すとオフとなる、指で押して使うタイプの軽量でシンプルなスイッチ。握力の大きさに応じて適切なスイッチを選ぶことができます。プラスチックケースの中に内蔵されたマイクロスイッチの場所を変えることで、感度を細かく調整することが可能なため、利用者さまの状態に合わせて工夫してセッティングを行っています。

関連ページ

リフト(スリングシート)

リフト(スリングシート)

自力で移動できない利用者さまを介助リフトで運ぶ際に使用するシート状の補助具。頭から全身を包み込むハイバック型、頭を支える必要のない人に適したローバック型、介助者が取り扱いやすい脚分離型などのさまざまな種類があります。身体状態や体重等を考慮して、その方に合ったスリングシートを選択します。

透明文字盤

アクリル板などの透明な板に「はい」「いいえ」や「50音」等が書かれており、介助者が文字盤を指さししたり、見つめている文字が利用者さまと介助者の瞳を結ぶ視線の中心に来るように文字盤を動かして使用します。目線が動かせる方なら外出先など場所を問わず手軽に使用できるため、欠かせない意思伝達アイテムです。

関連ページ

採用について

株式会社MCでは新卒採用、キャリア採用、アルバイト・パート採用を行っております。
募集職種など詳しくは採用サイトをご確認ください。

採用サイトを見る

外部サイト(エンゲージ)に移動します。

お問い合わせ窓口

採用について、施設への入居についてなど、株式会社MCへのお問い合わせは下記より承っております。

電話:048-999-5858

電話受付時間:9:00〜17:00(月曜日~金曜日)
FAX:048-999-5827