みさとヴィラ

エントランスが写真展

今回、サポートハウスみさとヴィラのエントランス利用者様の写真展が開催されました。利用者様とリハビリ職員とご家族様の協力の下素敵なイベントとなりました。この記事では、利用者様と職員とご家族様がどういった経緯で出来上がったのか?について記載させていただいております。

 

1.    利用者様の体験談

エントランスでは季節ごとに様々な出し物を行っています。そのときに別の利用者様の作品を掲示していたときがあります。それを見られた、利用者様の「僕もできますか?」という一歩から始まりました。

前々からリハビリ職員からの提案で、素敵な作品をエントランスに飾りませんか?と提案することはありましたが、乗り気ではありませんでした。しかし、他の人が写真を展示しているのを見て、自分もやってみたいと思ったそうです。

飾る作品の選び方と場所の決定については週に1回はベッドから起きて、どの写真をどこに飾るか作業療法士と一緒に考えました。

自らが指示を出して展示を行いました。特に写真の並べ方にこだわりながら、車椅子に座っても利用者様の指示の元作品を完成させました。

自分で言うのも変だけど、作品が良くできたと満足しています。 「結構いいね」と自己評価されていたのが印象的でした。

 

2.    サポートした作業療法士のコメント

 利用者様と一緒に考え、行動したプロセス

作業療法士として、利用者様と一緒にエントランス写真展を完成させる過程は自分自身の成長にも繋がりました。週に1回ベッドから起きる時間を利用して、どの作品を選び、どう展示するか一緒に考えました。利用者様が自分で写真や展示場所を選ぶ姿は、自信が高まっていると感じました。

 

その効果とは?

このような共同作業の結果、参加者の心の健康にも良い影響がありました。具体的には、写真展に向けての準備や実際の展示を通じて、参加者の表情が明るくなり、普段は辛いと感じる車椅子生活にも前向きな気持ちが生まれました。また、自分で作品を選んで展示することで、生活に新たな目標や意味を見い出すことができていると感じました。

 

3. 家族の支え:奥様からの特別な贈り物

参加していただいた利用者様の奥様かが写真展示をより美しくするために、お花と花瓶を持ってきてくださいました。本当に嬉しいサポートで、利用者様・ご家族様・職員が協力し、作品を一層引き立てる工夫をすることができました。

 

4. 作品展の効用:楽しい時間で心も健康に

神経難病を患い何もできないと悲観せず、新しい目標を持って作品をつくるという取り組みは、普段は辛そうにされるときも笑顔が溢れていました。

具体的には、最近は身体的に変化に伴い、普段車椅子に乗るときに苦しそうな顔をされることもありました。しかし、写真展の作品を作成したり、写真を鑑賞するための車椅子乗車時は笑顔が多く見られ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

8. おわりに:次回の展示への期待

エントランスでは様々な作品を掲示しています。その一環では今回のように利用者様の協力し、作品を作り上げることもあります。ぜひ、サポートハウスみさとヴィラに起こしいただいた際には、ご覧いただけると幸いです。

そして、株式会社MCやみさとヴィラやノイエに興味を持っていただけるととても嬉しく思います。

 

リハビリテーション課では、

by your side~望みの実現をお手伝いする~

利用者さんの想いを知る為にコミュニケーションを大切にして、どんな関りができるのか検討し、専門知識を活かしたサービス提供を行っていきます。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

関連記事