みさとヴィラ

職種の話 その2

職種の話 その2

サポートハウスみさとヴィラは神経難病の方(実績でいうとALSの方が多いです)を積極的に受け入れている有料老人ホームです。
ホーム内には訪問介護センター、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所が併設しており、ご希望により介護・医療サービスの提供も可能です。

今回はサポートハウスみさとヴィラに併設している訪問看護ステーションを施設からの視点でご紹介をしたいと思います。

看護部門

看護部門は 「ここにきてよかった」 というスローガンを掲げてサポートしております。
神経難病の方に寄り添いサービスを提供することで、利用者様が「ここにきてよかった」と思っていただきたいです。
また、サービスを提供するスタッフも利用者様との関わりの中で「ここにきてよかった」と思える仕事ができたら素敵な事ですね

みさとヴィラは有料老人ホームです。病院ではない為、施設内に常時医師がいるわけではありません。物品なども病院に比べると充実しておりません。
その中で医療処置から精神的なサポートまで幅広い業務を看護師が担います。

難病看護」とはなにか。

多職種と連携することで、私たちのやることが見えてくるのではないかと思います。

リハビリ科

リハビリ科は「謙虚・寄り添う・継続的な発展」をスローガンとしてサービスを提供しております。
当施設には理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が所属しております。神経難病の方に対するリハビリテーションは、身体の事はもちろんですが、
特に力を入れているところはコミュニケーションに関する部分です。

病気の進行と共にコミュニケーションの方法・手段も制限を受ける事がありますが、リハビリテーションのスタッフは諦めが悪いです(笑)
リハビリスタッフの知識と技術と経験が利用者様への安心に繋がることはいうまでもありません。

みさとヴィラ

関連記事