リハビリ

意思伝達装置「レッツチャット」

意思伝達装置「レッツチャット」

サポートハウスみさとノイエには、

意思伝達装置「レッツチャット」と呼ばれるコミュニケーションツールを使用されている方がご入居されています。
この機械は主に、ALSなどの神経難病の方々に使用されることが多く、ご入居様と介護者との意思疎通を図る際に使用されます。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

レッツチャットとは

Panasonicの社内ベンチャーで企画・販売された意思伝達装置です。
特徴は、専用スイッチを使うことで身体の動きに障害がある方でも、パソコンとの接続なしにコニュニケーションが図れるところにあります。
(現在は製造販売は終了しており、アクセスエール株式会社 https://accessyell.co.jp/ で新製品のファイン・チャットが製造販売されています)

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

対象者

ALSなど神経難病の方などで意識がしっかりされており、身体の動きに障害があるため意思伝達がうまく行えない方を対象としたコニュニケーションツールです

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

外見と使用方法について

外見はシンプルで、ひらがなで書かれた文字版が並んでいます。
操作方法としては、使用する方の顔や指などに専用のセンサーを「押す/離す」を繰り返し行うことで、画面に文字を打ち出す仕組みになっています。
一般的な意思伝達装置に比べて、パソコンなどに接続する必要がないため、配線の確認やパソコンとの相互設定などが不要なので使いやすい作りになっています。
また、使用頻度の高い単語の記憶装置もあるため、スムーズに会話を行うのに便利な機能になっているおり、「おはよう。」・「ありがとう」などの言葉の登録が可能です。
ちなみに、文字盤は配置されていますが、指で触っても文字が反映されません。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

介護者の感想

実際にケアを提供する、現場スタッフからの意見になります。

  • 利用者さまと会話ができるので、利用者さまがお伝えしたいことを理解することができる
  • 利用者さまの思いを尊重したケアが提供できると思っています
  • パソコンを使った意思伝達装置に比べて、画面のフリーズがなく、専用スイッチの位置調整が行いやすい
  • 病気の進行によって、レッツチャットが難しくなることもありますが、できる限り利用者さまの思いを汲み取ったケアを提供し続けていきたいと思います
※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

まとめ

レッツチャットは、パソコンとの接続設定が不要なため設定が簡単です。また、利用者と介護者が会話ができ、コミュニケーションを図ることができる装置だとおもいます。
ALSなど神経難病の方々は、進行性の病気であるため身体の動きの変化に合わせて、意思伝達装置の選択が必要になってきます。利用者さまに取ってより良い選択ができるように支援していきたいと思います。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

リハビリ科

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください
※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

関連記事