2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

コミュニケーション困難への不安に対応

 神経難病の病状が進行するにつれ、日常生活におけるコミュニケーションが困難になることは、多くの方々にとって大きな不安材料の一つです。言葉がうまく出てこない、意思疎通が難しいという状況が続くと、利用者様自身だけでなく、ご家族や介護者にとっても大きなストレスとなります。そういった時にどのようにすればよいかわからないという声を伺うことが多々ありました。

指差し文字盤や透明文字盤などを充実

当施設「サポートハウスみさとヴィラ」では、その不安を少しでも和らげるために、さまざまなコミュニケーションツールを多数ご用意しています。今回は来客者用に用意している2つのコミュニケーションツールについてご紹介させていただきます。

指差し文字盤(穴開きタイプ)

1つ目は、指差し文字盤と呼ばれるものです。こちらの道具は話すことや書くことが難しいが、腕を動かすことができる方が利用するツールとなります。指差し文字盤は、五十音表が印刷された盤面を指で指すことで意思を伝えることができるものです。

しかし、失調と振戦と呼ばれる症状により、指を指しても滑ってしまう方はコミュニケーションを取るのに時間がかかってしまいます。そこで、五十音表の下に穴を開けることで指が引っかかるようになり、指が滑らず文字を指すことが可能となります。

透明文字盤

2つ目は透明文字盤です。透明文字盤は、透明な板に書かれた文字を通してコミュニケーションを図るものです。文字を目の動きを見ながら五十音表にかかれている文字を読み取るコミュニケーションツールです。

こちらのツールも初めての方でも焦点が合いやすいように文字の中心に赤い点が描かれており使いやすい仕様となっています。また、フリック式と呼ばれる形式の物も用意しています。

これらのツールは、病状が進行しても、利用者様が自分の意思を伝える手段として非常に効果的です。

さらに、これらのツールをまだ実際に利用していない方々にとっても、ご家族が将来的な見通しとしてこれらのツールがあることを知っているだけで、病状進行に対する不安が少しでも軽減できるのではないでしょうか。例えば、今はまだ会話ができる状態でも、将来的にツールを使うことが必要になるかもしれません。その際に、どのような選択肢があるのかを事前に知っておくことで、心の準備ができるのです。

事前の心構えが大切

実際に文字盤を利用されている方も多数いらっしゃいますが、もしご自身の文字盤をお忘れになった場合などは当施設の文字盤をお貸し出しすることも可能です。これにより、急な状況でも安心してコミュニケーションが取れる環境を提供しています。利用者様とそのご家族が安心して当施設をご利用いただけるよう、スタッフ一同心を込めてサポートさせていただきます。

当施設では、その他にも最新のコミュニケーション支援技術を取り入れており、パソコンやスマートフォン、Ipad、タブレットを利用したコミュニケーション支援ご提案させていただいております。これにより、その方に合わせた多様な方法で意思疎通が可能となり、利用者様一人ひとりの状況に合わせた柔軟な対応が可能です。

ぜひ一度、当施設「サポートハウスみさとヴィラ」をご見学いただき、実際のコミュニケーションツールを手に取って体験してみてください。皆さまのご来訪を心よりお待ちしております。

関連タグの新着記事

施設・入居

もっと見る

2024年7月12日

夏本番!!ノイエにて、感染症対策に手洗いチェックをおこないました!

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • 働き方
  • 看護
  • 介護

2024年7月9日

フラワーアレンジメントをしました

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護
  • 介護

みさとヴィラ

もっと見る

2024年6月28日

デスカンファレンス:医療の質向上と心のケアを実現する場

  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護
  • カルチャー

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

神経難病

もっと見る

2024年7月9日

フラワーアレンジメントをしました

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護
  • 介護

2024年7月5日

2023年10月のノイエ

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 働き方
  • 神経難病
  • ALS
  • 介護
  • カルチャー

2024年7月9日

フラワーアレンジメントをしました

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 神経難病
  • ALS
  • 看護
  • 介護

2024年7月5日

2023年10月のノイエ

  • 施設・入居
  • リハビリ
  • みさとノイエ
  • イベント
  • 働き方
  • 神経難病
  • ALS
  • 介護
  • カルチャー

意思伝達装置

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年1月25日

意思伝達装置「レッツチャット」

  • リハビリ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

コミュニケーション

もっと見る

2024年6月14日

【神経難病の方へ】コミュニケーションツールを充実 サポートハウスみさとヴィラ

  • 施設・入居
  • みさとヴィラ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

2024年1月25日

意思伝達装置「レッツチャット」

  • リハビリ
  • 神経難病
  • ALS
  • 意思伝達装置
  • コミュニケーション

MCライブラリー

もっと見る

好きなものを食べられる、飲める(経口、胃ろう)

利用者さまの食べたいもの・飲みたいものをできるだけ実現させるため、さまざまな工夫を取り入れています。気管切開を行い人工呼吸器を使っている利用者さまでも、食事やスイーツなどを食べやすい形状にしてお口で味わうことや、胃ろうを通してアルコールを摂取することが可能です。「胃ろうからお酒?」と驚かれるかもしれませんが、MCではできる限り利用者さまのご希望に沿えるよう、体調と相談しながら柔軟な対応を行っています。

関連ページ

施設・入居について

アモレ

気管を切開し人工呼吸器を装着している方の気管内の痰を、気管カニューレから24時間自動で持続的に低圧で吸引する機械。導入することで介助者による気切部からの気管吸引の回数を大幅に減らすことができ、運転音も静かなので、利用者さまの負担軽減や生活の質向上につながっています。

関連ページ

プラスチックケーススイッチ

押した時がスイッチオン・離すとオフとなる、指で押して使うタイプの軽量でシンプルなスイッチ。握力の大きさに応じて適切なスイッチを選ぶことができます。プラスチックケースの中に内蔵されたマイクロスイッチの場所を変えることで、感度を細かく調整することが可能なため、利用者さまの状態に合わせて工夫してセッティングを行っています。

関連ページ

ピエゾニューマティック(PPSスイッチ)

筋肉の「ひずみ」や「ゆがみ」で作動するピエゾセンサーと、指先の僅かな動きで作動するエアバッグ(ニューマティック)センサーの2種類を選択できるスイッチ。いずれも感度調整が可能で、僅かな力でも操作できるため、幅広い方にご使用いただけます。MCでは更にチューブを利用したカムスイッチを作成し、接続して使用しています。

関連ページ

採用について

株式会社MCでは新卒採用、キャリア採用、アルバイト・パート採用を行っております。
募集職種など詳しくは採用サイトをご確認ください。

採用サイトを見る

外部サイト(エンゲージ)に移動します。

お問い合わせ窓口

採用について、施設への入居についてなど、株式会社MCへのお問い合わせは下記より承っております。

電話:048-999-5858

電話受付時間:9:00〜17:00(月曜日~金曜日)
FAX:048-999-5827