みさとノイエ

土用の丑の日には・・・

皆さんは土用の丑の日に美味しくうなぎを召し上がりましたか?

1年間に4回ある『土用』の期間中(18日間)の、

『丑の日』に当たる日が『土用の丑の日』と呼ばれるそうです。

『土用の丑の日』にウナギを食べる理由には諸説ありますが

・丑の日だから『う』のつくものを食べると縁起が良い

・うなぎに多く含まれるビタミンA・ビタミンBが疲労回復や食欲増進効果がある

などが主に言われていますね。

土用の丑の日には間に合いませんでしたが・・・

ノイエの利用者様もうなぎを召し上がりました。

まずは・・・

お一人ずつ、土用の丑の日に関連するクイズにお答えいただいたり・・・

夏の思い出にお写真を撮ったり・・・

リハビリさんが風鈴やひまわりのブーケ、涼しげな背景など

夏らしい装飾品もたくさん作ってくれました。

写真撮影の後は・・・

いよいよ『うなぎ』。

今回のご用意は

・いつもお世話になっているタイヘイさんの『うなぎのかば焼き』

・キューピーの『やわらかおかず うなたま』

・うなぎのかば焼き煮こごり

・うなぎのかば焼きのたれ

などなど・・

嚥下機能に合わせて

ほとんどの利用者様に『うなぎの味』を

味わっていただくことができました。

嚥下訓練をしながら最近とろみのお茶を飲み始めた利用者様。

うなぎのたれを綿棒につけでお口に入れたときの

パァ~っと明るく晴れやかな表情に変わった瞬間は職員皆で感動してしまいました。

久しぶりに「」を感じられたのだと思います。

食べることへの意欲にもつながってきますね。

これからもお口から食べる楽しみを大切にしながら

季節感も大切に日々を過ごしていただきたいと思っています。

※紹介している商品に関して取り扱っているわけではないため、お問い合わせはお控えください

関連記事