福祉相談室

見学対応時のご相談案件〜ご入居後の生活について part.2

見学対応時のご相談案件〜ご入居後の生活について part.2

前回投稿からの続きです。

無事ご入居となり、日々の健康状態の確認、3食の食事介助、ポジショニング、吸引、経管、拘縮予防・機能維持を目的としたリハビリテーションの介入となりました。
日々、誤嚥にも注意し肺炎を発症することなく過ごされていましたが、ALSの疾患の進行とともに呼吸苦の症状がみられるようになりました。
人工呼吸器を使用しないとの意思で入居し生活をされていましたが、口鼻マスクの人工呼吸器(BIPAP)をしようする意思が確認でき、使用開始となりました。

しばらく、BIPAPで呼吸苦の症状に対応していましたが、訪問時間に何度かご本人に気管切開の意向についてお尋ねし傾聴しました。
誤嚥のリスクを極力少なくする手術があり、人工呼吸器を使用しての生活でもお口から食事を楽しむことを継続できる。
などのお話もさせていただきました。
利用様の状況も日々変化していく中で、ご本人から手術を希望する旨のお言葉をいただき、入院し手術できるよう手続きをいたしました。
このような場面に、受診等速やかに動くことも福祉相談室の役目であります。

誤嚥のリスクを下げる手術を行い、人工呼吸器使用の状態となり施設に戻って来られました。現在も、お口からのお食事を摂られています(胃ろうによる栄養剤と併用)。
“人工呼吸器を使用する選択をして良かった”
とのお言葉も聞かれました。

当施設は入居される前から人工呼吸器を使用している方のご相談も多くいただきます。また、当施設に来られてから人工呼吸器を使用する方もいらっしゃいますので、今回ご紹介させていただいた方のような対応が可能な施設です。
人工呼吸器の使用については、延命と判断し希望されない方もいらっしゃいます。入居前、入居後に確認した意志は病状によって変わることでもあります。私どもは利用者様の意思を尊重し、都度聴取出来た希望に応えていく施設であります。

福祉相談室

関連記事