リハビリ

手作りでできる噛むスイッチの紹介(吸引チューブVersion)

手作りでできる噛むスイッチの紹介(吸引チューブVersion)

声を出す事や、ボタンを押す事が難しい場合、困っている時に直接読んだり、コールボタンを押して人を呼ぶことが出来ません。

そんな時に、「かむ」ことが出来るのであれば、コールを使えるかもしれませんので、

ぜひ使ってもらいたいのが、“スイッチ” です。

 

「かむ」ときに咀嚼筋とよばれる、咬筋、側頭筋、内外翼突筋が収縮します。咀嚼筋は小さい筋ですが、思いっきり噛むときには約70Kgの咬合力があると言われています。

ALSなどの神経難病の方は徐々に筋力の低下が生じます。しかし、咀嚼筋は他の上肢や下肢などの大きな筋肉と比べ、噛む力は残存しやすいのです。

 

なので、手や足を使ったスイッチでコールが難しくなった時でも、噛む力を使ったスイッチは検討する価値があると思います。

【 使用物品 】

・アイロン

 

・アイロン台(今回は折りたたんだ厚手の布)

 

・あて布(綿100%)や

 

・クッキングシート

・吸引チューブ(トップ吸引カテーテル クリアサクション)

上記5点です。

あて布 は、素材によってチューブにくっついてしまったり、火事の原因となりますのでご注意ください。

【 手順 】

  1. アイロンを高温にセットする
  2. 吸引チューブのサイドの吸引口より手前でカットする
  3. 吸引チューブをあて布で被せて、吸引チューブの先端(3cm)をアイロンで10-20秒程度押し当てる

    ※布の材質によってはチューブとくっついてしまうので注意※断面に一直線の線があると隙間が空いてる可能性がある
  4. 先端がくっついたら、先端の部分に丸みを持たせるように切る

以上が手順となります。

あとは、PPSスイッチ(パシフィックサプライ社)などの空圧センサーを感知し、コールと接続できるものに繋げれば完成です。

 

当施設ではリハビリスタッフの理学療法士、作業療法士が中心となり、今回のスイッチを作成しました。

リハビリは身体能力の向上や維持なども大切ですが、本人の希望を聞き、環境を整える支援体制も大切だと考えています。

 

”できないとあきらめるのではなく、どうやったらできるかを考え実行する。”

みんなでアイディアを出し合い、

試行錯誤して利用者様の笑顔を見ることができるように日々、頑張っています。

リハビリ科

関連記事